AWS re:Inforce 2019に参加してきました

技術部セキュリティグループの三戸 (@mittyorz) です。こんにちは。 去る6/25,26日に開催されたAWS re:Inforce 2019に参加しましたので、簡単ではありますが紹介させていただきたいと思います。 今回が初開催なため規模感や雰囲気などは未知数の中、クックパッドからはセキュリティグループの三戸・水谷 (@m_mizutani)とVP of Technologyの星 (@kani_b) のあわせて3名で参加いたしました。

AWS re:Inforce とは

AWS re:Inforceは、数あるAWSのカンファレンスの中でもセキュリティに特化したカンファレンスです。 セキュリティに関するイベントはre:Inventなどでもこれまであったわけですが、re:Inventが非常に巨大なイベントとなってしまったこと、クラウドベンダーとしてセキュリティにおいてどのような姿勢で望むのかを積極的にアピールする場としてre:Inforceが新たに用意されたのではないかなと思っています。 AWS以外にも様々なセキュリティベンダーがパートナーとして参加しており、ブースの様子などについては後ほど触れたいと思います。

Builderにとってのセキュリティ

初日、AWSのVPかつCISOであるSteve SchmidtによりKeynoteが行われました。この中で、セキュリティはセキュリティエンジニアだけが考えるものではなくサービスに関係する全てのメンバーが意識し関わるべきものであること、 サービスを作り上げるうえで必要なものを自分たちで選択し作り上げていくように、セキュリティにおいてもベンダーの製品をそのまま使うのではなく、要素を組み合わせ自分たちにとって本当に必要なものを作っていく必要があることが強く主張されていました。 その際に、AWSのクラウドサービスをどのように上手に選択するか、ということが大事になってくるわけです。

セキュリティベンダーの事例紹介でも同様で、単に顧客の環境に自社の製品を導入したという話ではなく、AWSのサービスと組み合わせることでどういうことが新たにできるようになったかということが説明されていました。 そのためには自分たちでセキュリティを作り上げていく必要があり、度々キーワードとして出てきた「Builder」にそのことが表れていると思います。

会場の様子

AWS re:Inforceは現地ボストンにおいて6/25,26の二日間に渡って開催されました。 AWSのカンファレンスといえばまずre:Inventを思い浮かべる方が多いかと思いますが、規模としてはそこまで巨大というわけではなくおおよそ一つの建物にまとまっていました*1

f:id:mittyorz:20190723152400j:plain
会場となったBoston Convention and Exhibition Centerの、おそらく正面入口

f:id:mittyorz:20190723152532j:plain
ベンダーによるブースなどが並ぶ、受付からすぐのスペース。会場は4階まであったので写っているのはごく一部と言えます

日本からは24日18時に成田から離陸して現地に24日18時に到着*2、翌日から二日間会場入りして、三日目木曜日には帰国に向け出発し金曜日夕方に日本に到着するというちょっと強行軍かなとも言えるスケジュールでした。 幸いにも恐れていた時差ボケにはならず、はじめての海外出張かつ大規模なカンファレンス初参加の割には落ち着いて見て回れたのではないかと自分では思っています。

セッションについて

日程は二日間でしたが、聴講タイプのいわゆるSessionの他、手を動かすWorkshopやSecurity Jam他、非常に沢山の ブースではベンダーの説明を聞いたり質問を行うことも出来ますし、待ち合わせ時間などに手元のPCから参加できるCTFも用意されていました。

1時間単位のセッションにいくつか参加したのと、4時間かけて点数を競い合うSecurity Jamに3名でチームを組んで参加しました。

以下、参加したセッションから特に印象に残った点などを簡単に紹介します。

Encrypting Everything with AWS (SEP402)

AWSの各サービスでどの部分でどのような暗号化をしているか、物理層の安全性をどう担保しようとしているか、について広く説明するセッションです。 ただ、時間のかなりの部分が「暗号論入門」という感じで、暗号アルゴリズム自体の説明になっていてちょっと期待とは違ったかなという感想でした。 セッションには難易度が設定されていて、これは「Expert」向けとされていたのですが、暗号アルゴリズムの数学的背景を予め知っているのであればだいぶわかりやすかったのではないかなと思います。 後半はAWSの各サービスでどのように暗号化が行われているかそのアルゴリズムも含め解説され、AWS SDKからの利用といったユーザが直接触れる部分から、インスタンス間やVPC間の通信をどのように行っているのか、更にはリージョン間の物理ネットワークの暗号化などレイヤーごとに説明されていました。 後述するNitro Controllerを用いて暗号化する際には、複数のキーストアから取得した鍵の「一部分」をNitron Controller内であわせることで実際に用いる鍵を生成し用いているという話が特に興味深かったです。

Firecracker: Secure and fast microVMs for serverless computing (SEP316)

LambdaおよびFargateの実行環境を効率的に隔離するために実装されたLinux KVMベースのHypervisior、Firecrackerについてのセッションです。 アカウントごとに実行環境をきちんと分離しつつ、オーバーヘッドの低減を両立させるのは難しいと説明しつつ、一方でFirecrackerを用いることでVMの起動をだいたい120ms以下で行い、一つのホストで1秒間に150VM起動できるようになると話していたのが興味深かったです。 Lambdaを実行している環境は、そのLambdaをデプロイしたアカウントごとに別々のゲストOSにHypervisorによって分離されているわけですが、このHypervisiorにFirecrackerを用いることで一つのホストによりたくさんの環境を詰め込める、ということが詳しく説明されていました*3。 Fargateについては、Firecrackerを用いることでEC2のインスタンスサイズの荒い粒度ではなくより細かくリソースが割り当てられるようになったこと、起動が非常に速いので「EC2 Warm Pool」を用意する必要がなくなり価格が大きく削減できたこと*4が説明されていました。 今後のロードマップでは、現在はIntel CPUのみがサポートされていますが、年内にはAMD CPUのサポートも計画されているとアナウンスされました。

Security benefits of the Nitro architecture (SEP401)

このセッションでは、Nitro Contollerと呼ばれる物理的なチップとそれを用いた全体のアーキテクチャについて説明がありました。 「Nitro」という言葉自体はAWSの最新世代のEC2インスタンスなどで用いられている仮想化技術というコンテキストでよく出てきますが、このシステムを構成するために通常のCPUや周辺機器とは独立して組み込まれているのがNitro Contollerです。 仮想化に伴うオーバーヘッドを低減するために、出来る限りNitro Controllerを用いて処理をオフロードする仕組みになっているのですが、インスタンスストレージへのアクセスを含めDisk I/O、Network I/OなどすべてのI/OはNitro Controllerを用いて透過的に暗号化される仕組みになっています。 また、暗号化に必要な情報はNitro Contoroller同士で自動的にやり取りされるとのこと。 Nitro Controller自体も独自に内部的なストレージを持っていて、ファームウェアのアップデートなどはシステムを再起動すること無く行えるようになっているそうです。 Nitro Controllerが改ざんされないようCPUからは書き込みができないようになっていたり、システムの起動時にはNitro Contorollerによってマザーボードのファームウェアがチェックされるようになっているなど、システムの健全性を担保するのにNitro Controllerが要になっていることがよく分かるセッションでした。

Security Jam

複数人でチームを組み*5、競技時間の4時間の間に出題された問題を出来るだけ問いて順位を競い合います。 競技時間終了と同時に出題ページがクローズされてしまったので記憶を元にちょっと紹介すると、

  • 複数のVPCにまたがって構成されたウェブサービスを再構成する問題
  • EKSのCI/CDと、EKS自体のセキュリティの設定を修正する問題

といったように、AWSの各サービスをきちんと理解していないと問題が解けないようにうまく設計されていて、普段の業務で触ってない部分の知識も容赦なく必要とされなかなか苦労しました。

f:id:mittyorz:20190723152620j:plain
全体で60席くらい用意されていましたが、オンラインで参加できるのでこのホール外から参加していたチームもあったようです

f:id:mittyorz:20190723152643j:plain
5-hour ENERGY という、ちょっとヤバそうなエナジードリンク

最終的に45チーム中11位という結果になりました。

セキュリティの競技だといわゆる「CTF」をまず思い浮かべる方が多いかと思いますが、普通のCTFと比較してみてAWSの環境自体を直す要素が強かったかなと思います。 また、AWSのアカウント・リソースが問題ごとに別々に用意されていて、出題ページからAWSのコンソールにログインすると独立した環境が自由に使えるようになったのは流石だなという感じでした。

ブース

企業ブースでは日本でもよく見る有名・老舗セキュリティベンダーがやはり多かったですが、一方で日本ではあまり見ないベンダのブースも多くありました。こういったブースだと直接担当の人と話して質問ができるのでなかなかカタログスペックなどから分からないことを聞けて面白かったです。全体の傾向としては、以下のような印象でした。 - コンテナ環境を対象としたサービスがメインストリームになりつつあり、逆に言うとEC2インスタンスなどにフォーカスするようなサービスの宣伝はあまり見なかった - クラウド環境全体の監査・コンプライアンスチェックを自動化するというサービスがかなり目立っていた

程度の差はありましたが、ブースエリアはそれほど混んでおらず気になった製品のブースで気軽に質問できるようになっていました。

おわりに

AWS re:Inforce 2019を簡単にですが紹介させていただきました。 AWS自身が提供するセキュリティ機能だけではなく、各社がクラウド向けに出してきているセキュリティ製品をどううまく活用していくのか、いうなれば「顧客が本当に必要だったもの」をきちんと構築できるようになりましょう、というメッセージを強く感じました。 新しい技術・製品がどんどん出てくる中で、適切な技術選択を行うのはとても難しいことですが、難しいからこそ面白い分野でもあると再確認できてとても良かったと思います。

クックパッドでは技術を用いてセキュリティを高め最高のサービスを提供することに興味のある仲間を募集しています。

セキュリティエンジニア

*1:もっとも、建物自体が巨大で、規模感としては東京国際展示場の各展示棟を一つにまとめたくらいをイメージすると近いのではないかなと思います

*2:搭乗時間と時差がちょうど一致

*3:動画で18:30頃から出てくる図を見るとわかりやすいかと思います

*4:https://aws.amazon.com/jp/blogs/compute/aws-fargate-price-reduction-up-to-50/

*5:一人でも参加可能なようでした

/* */ @import "/css/theme/report/report.css"; /* */ /* */ body{ background-image: url('https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/cookpadtech/20140527/20140527163350.png'); background-repeat: repeat-x; background-color:transparent; background-attachment: scroll; background-position: left top;} /* */ body{ border-top: 3px solid orange; color: #3c3c3c; font-family: 'Helvetica Neue', Helvetica, 'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', Meiryo, Osaka, 'MS Pゴシック', sans-serif; line-height: 1.8; font-size: 16px; } a { text-decoration: underline; color: #693e1c; } a:hover { color: #80400e; text-decoration: underline; } .entry-title a{ color: rgb(176, 108, 28); cursor: auto; display: inline; font-family: 'Helvetica Neue', Helvetica, 'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', Meiryo, Osaka, 'MS Pゴシック', sans-serif; font-size: 30px; font-weight: bold; height: auto; line-height: 40.5px; text-decoration: underline solid rgb(176, 108, 28); width: auto; line-height: 1.35; } .date a { color: #9b8b6c; font-size: 14px; text-decoration: none; font-weight: normal; } .urllist-title-link { font-size: 14px; } /* Recent Entries */ .recent-entries a{ color: #693e1c; } .recent-entries a:visited { color: #4d2200; text-decoration: none; } .hatena-module-recent-entries li { padding-bottom: 8px; border-bottom-width: 0px; } /*Widget*/ .hatena-module-body li { list-style-type: circle; } .hatena-module-body a{ text-decoration: none; } .hatena-module-body a:hover{ text-decoration: underline; } /* Widget name */ .hatena-module-title, .hatena-module-title a{ color: #b06c1c; margin-top: 20px; margin-bottom: 7px; } /* work frame*/ #container { width: 970px; text-align: center; margin: 0 auto; background: transparent; padding: 0 30px; } #wrapper { float: left; overflow: hidden; width: 660px; } #box2 { width: 240px; float: right; font-size: 14px; word-wrap: break-word; } /*#blog-title-inner{*/ /*margin-top: 3px;*/ /*height: 125px;*/ /*background-position: left 0px;*/ /*}*/ /*.header-image-only #blog-title-inner {*/ /*background-repeat: no-repeat;*/ /*position: relative;*/ /*height: 200px;*/ /*display: none;*/ /*}*/ /*#blog-title {*/ /*margin-top: 3px;*/ /*height: 125px;*/ /*background-image: url('https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/cookpadtech/20140527/20140527172848.png');*/ /*background-repeat: no-repeat;*/ /*background-position: left 0px;*/ /*}*/